2006年04月24日

kengoワンマンライブ 渋谷O-WEST

仕事でしたが結局、kengoのワンマンライブに行った。
1時間遅れて会場に到着。半分だけ楽しんだ。



島袋 優、山本 隆太、くまちゃん、けいすけ君がサポート。
全体的には工夫されている箇所がたくさんあり、特に曲と曲の間のつなぎはインストを弾きながらサポートメンバーを呼び込むなどして中だるみはなく飽きさせない内容でした。この日のために相当、準備してきたな、という印象。しかしBEGINの優のギターが際立ちすぎて、イマイチ曲にマッチしていない曲もあれば、逆に曲を盛り上げている曲もあったり。少ない時間しかリハーサルできなかったからこの辺は仕方なし。 これだけ仕上げてきたのは素直に「素晴らしい」と言いたい。さて、そうは言いながらも気になる点もいくつか。 構成に気を遣いすぎた(?)せいか、ただ歌ってただ盛り上がって終わってしまった、という印象が強かった。メッセージ性が何もなく来ていたお客さんは感動しただろうか?感動はなくとも少なからず何か残ったかな?って思います。私は何も残らなかった。テーマが何もなかった。 というのも今回もサポートありのバンドでワンマンライブに臨んだ。色々な事情もあるだろうが「kengo」としてやっていくのだから、いつまでもサポートに頼っている現状は寂しい。ギター1本でどれたけの人の心をつかめるかをやっていくミュージシャンではないのか?私もはじめはBEGINの優がサポートするとのことで楽しみにしていたのだが、ライブを観ていてすぐに考えが変わった。今後は一人でお客さんを呼んで、どれたけの感動を与えるかをやっていかないといつまでも変わらない。もう6回を数えるワンマンライブでそれを指摘してあげられない所属事務所の力の無さも指摘したい。私も2年くらいkengoのライブを観ているが何も変わっていないのが現状だ。逆に最近はライブのお客さんが減ってきている。本当に売る気があるのか?ストリートのやり方にも問題があるし、続々と決まっている他のライブ。活動の幅を広げるのはいいが、BYGでのライブで満員にならないのに他でやる意味があるのか?色々なところでストリートをしてBYGを満員にしてからやるならわかるけど。一貫していない中途半端なことはやめた方がいい。事務所はもっとkengoの将来を考えた活動を優先しないとこのまま終わってしまう。本当にもったいない。ファンクラブもいらない、何にもいらない。ただ欲しいのは、未来図だ。答えはひとつ。未来が見えない今のやり方を変えていくしかない。
posted by KEN at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | kengo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はお疲れ様でした!そして、お会いできて楽しかったです^^ありがとうございました!
さてさて、kengoのO−WESTでのワンマンライブも私は3回目になりました!
初めて見たのは約一年前の6月。
あの頃はまだkengoの歌もあまり知らなくて、どの曲も新鮮でした。
ただ、いつも思うのですがkengoは曲の紹介とかは少ない?ような気がするのです・・・。
今はどの曲も聴いたらわかるようになりましたが、知らないときは「この歌はなんていうんだろう?」と、思ったことがたくさんありました。
今回、全くkengoを聞いたことのない友達と一緒に行きましたが、気に入った歌があったみたいだけどやっぱりなんていう曲かわからなくて私と同じようなことを言っていたので・・・。
ちょっとしたことかもしれないけど、初めて行くお客さんもたくさんいると思うし、一言、曲のコメントなんかもあったらもっと印象に残るのでは?
なんてことを思ったりしました^^
確かにライブ自体は良かったと思うし私は楽しめました。(ピックもゲットできましたしね♪)
でも、kengoのよさとか、歌やギターの聞かせどころはもっとあってもよかったかもしれないですね。
私の中では、ジパングで見たライブが今でもずっと印象に残っています。
やっぱりじっくりと聞けたからなのかもしれませんが、あのときは本当に心にじわ〜っとくるものがありました!
広い会場でも、聞き手にそれくらいの感動を与えるということは難しいのかもしれませんが、もっとkengoの人間味溢れるライブになったら面白いかも。なんてことを思ったりしていました^^
でも、これからも応援していきますよ!!
こうしてライブに遠征できるのも、今のうち、今のうち・・・と、思いながらずっと続くのでしょうかね(笑)
Posted by とらまま at 2006年04月27日 09:30
とらままさん 長旅お疲れ様でした。
旧職場の仲間とも会えてよかったですね。

大阪から3回もワンマンライブに足を運ぶなんて私には真似できません。
こうやって辛口に書くのも期待しているからで、好きで書いているわけではありません。
このまま伸び悩んでしまっていては時間の無駄だし、せっかくの才能を消してしまうことになるので、それだけは避けないといけない、と感じています。
これからも愛情をもって応援していきましょう!

とらままさんが書いていることも以前から私も感じていました。最近はBYGでのライブなどでは曲のエピソードなども話しだしてきましたよ。MCは楽しくなったきました。

PS・・コブクロのライブ、よかったみたいですね。kengoも他のミュージシャンのライブを見て、よいところは自分のものにしていって欲しいですね。
Posted by KEN at 2006年04月27日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16981636

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。