2006年04月06日

内田 勘太郎&島袋 優


内田 勘太郎&島袋 優
Two Tones〜ギター浴へ行こう!〜
BYGライブへ行ってきた。
2人のギター名人の素晴らしき演奏に聴きほれた。

続きを読む
posted by KEN at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

音楽バトン BEGIN編

音楽仲間が増えたのも、BYGに出会えたのも、多数のミュージシャンに出会えたのも全てはBEGINのおかげ。
BEGINなくしてはこのブログも存在しないし、出会いもない。
感謝の意味をこめて勝手にバトンスタート!

1.BEGINとの出会いは?
2.BEGINの大好き要素は?
3.BEGINの思い出ライブは?
4.好きな曲、しいて3曲挙げるとすれば?
5.BEGINにひとこと
6.今年の沖縄うたの日に参戦しますか?
posted by KEN at 22:31| Comment(11) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

こんなライブどうでしょう?BEGIN編

BEGINのライブが恋しくなってきている今日このごろです。
単発的にイベントで出演していますが、今後の活動はまだ何も決まっていないらしい。(この前、ライブで優が言っていました。)
今日、そんなことを思いながらある願望が浮かんできました。
是非ともこんなライブが見てみたい、楽しんでみたい!

曲名を記載します。



続きを読む
posted by KEN at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

道玄坂で見た景色

今日はゆったりまったりCDを聴きながら過ごしていた。
BEGIN の「道玄坂で見た景色」が心にしみた。この曲はもう何度も聴いている曲なのだが最近の世の中の流れを映し出しているかのような歌詞の内容に少し寂しくなった。

道玄坂.jpg
この曲の中に「ススけた寝具店」というフレーズがある。
渋谷の街にあった「ススけた寝具店」がBEGINがBYGに来るたびに開いているのを見た時に渋谷の街が「あったかくなった」と表現している。
私も会社(新宿)の近くに80歳くらいのおじいちゃん、おばあちゃんが経営しているお菓子屋さんで営業車に乗る前にいつもジュースを買っていたのだが、今年に入ってから店が一度も開いていない。「どうしたのだろう?」といつも心配しているのだが、聞くことができない。
通常120円の缶ジュースを100円にしてくれてました。ただ安くしてくれるから行っていたのではなく、ぬくもりを感じたいから行っていたのです。「元気かな?」って。
たまに実家に帰ると小さい時行っていたお店がなくなっていたり・・・。

そんなことを思いながら「道玄坂で見た景色」を聴いていたのでとても切なくなりました。

曲は今ちゃんこと今野 均さんの前奏のバイオリンがこの曲全体の切なさを映し出しているかのように聴こえてきます。
この曲はBYGでのライブ以外ではほとんど聴くことのできない曲ですね。

昔からあるお店が活気があって、この世の中が「明るい」、「あたたかい」といいのにな。と思った。



posted by KEN at 23:26| Comment(2) | TrackBack(1) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

BEGINが映画化!

BEGIN さとうきび畑.jpg

これはすごいことになってきた。まさにビッグニュースが飛び込んできた!


今日、「Yahoo!」のトピックスを見ていたら、BEGINのサクセスストーリーが映画化されるとのこと(来春公開予定)。BEGINのような現役で活躍しているバンドが題材になるのは日本の映画史上はじめてだという。
(以下 抜粋)
「恋しくて」は、BEGINが幼少からデビューする前までを綴ったエッセー集「さとうきび畑の風に乗って」(平成10年刊)が原作。小学校からの幼なじみの比嘉栄昇(37)、島袋優(37)、上地等(37)の3人の高校3年間を中心に描いた青春ラブストーリーだ。
メガホンは、映画「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」など沖縄をみずみずしいスタイルで描いてきた中江裕司監督(45)がとり、脚本もエッセーを基に中江監督がオリジナルを作成する。

(感想)イカ天時代からBEGINの活躍を追っかけてきた私には涙ものの企画。ここ数年、映画館に足を運んでいない。来春公開予定だというので、楽しみにその日を待ちたい。
青春ラブストーリーということは、恋愛もの?
過去にライブで恋人のことについては一切、触れなかったBEGINだがこの映画でBEGINの恋愛が見れるのか?
あまり、映画やドラマで泣いたことのない私。しかしこの映画はハンカチ1枚持って出かけよう。
はたしてこの映画がロードショーされるころには復活しているのだろうか?
映画もいいけどライブも観たい!久しぶりにBEGIN熱が再噴火!

主役&準主役を一般から公募するとのこと。
応募してみるか?ハンチング帽かぶって。落選決定だけど。

記事はコチラから。




posted by KEN at 15:41| Comment(13) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

BEGINから見たバンバン・バザール

7thalbum.gif

ある音楽仲間に昨年3月に放送されたNHK FM「名盤コレクション」という番組を聞かせてもらった(ありがとう!)
要するに2週間にわたりBEGINが好きなアルバムを紹介する番組なのだが、1週目が有山 じゅんじさんの「ぼちぼちいこか」で2週目がなんとバンバン・バザールの「Gentleman」だった。
その番組のなかでBEGINがバンバンの曲をセレクション。そしてバンバンの魅力などを語っていてとても楽しい内容でした。
続きを読む
posted by KEN at 13:17| Comment(6) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

音楽旅団

本日より、私のお気に入りのアルバムを紹介していきます。
とはいっても、BYG出演ミュージシャンのアルバムが中心ですが、是非とも気になったら聴いてみてくださいね。

音楽旅団.jpg

その第1回目はBEGINの「音楽旅団」。

01:SOUND OF SUNRISE  
02:流星の12弦ギター   
03:SLIDIN' SLIPPIN' ROAD
04:白い魚と青い魚
05:8月の森へ行こう    
06:いつものように
07:追憶のシアター
08:恋しくて
09:砂の上のダンス
10:星の流れに
11:ほほ笑みに続く道

1990.6.23にリリースされた記念すべきデビューアルバムである。
おそらく今までで一番聴いたであろうアルバムである。その当時、我が高校ではイカ天をほとんどの人が見ていたので、BEGINがブームになっていた。なので私の友達はみんな持っていたアルバム。
とにかくCDが擦り切れるほど聴きました!
この中の曲は今でもライブで演奏してくれる曲もある⇒02.04.07.08
全部好きなのだが、特に大好きなのが「追憶のシアター 」。
あのブルース感は今でもライブで聴くとぞくっとするのである。

タイトル通り、「旅」がテーマになっていて、どこかに旅行に行く際はかかせない。旅に出る時の心境がとてもよくわかる詞の内容。「8月の森へ行こう」は口笛でも吹きながら。
「流星の12弦ギター」は本当に12弦ギターで演奏してしまう優君。
マイ サブブログのタイトルに起用した「いつものように」はライブで演奏してくれないか?と心待ちにしている曲(3年くらい前にはやりました)。

何気に「SLIDIN' SLIPPIN' ROAD 」も大好きな曲。
「30になった時、うまいバーボン飲むのさ!」の歌詞に18歳の時から30の誕生日の日になったらバーボンを呑むぞ!と思いつづけ本当に実現してしまった私。←かっこいいぞ!
「白い魚と青い魚」もライブで聴いたときは鳥肌ものでした。

最後に「恋しくて」。
この曲があったからこそ今のBEGINがいる。
久しぶりに栄昇のボーカル&リズムギター、優のブルースギター、等の遠くを見させてくれるピアノが聴きたくなったぞ〜!

是非ともBEGINファンでない方も一度ご賞味あれ。

BEGINファンの皆様、お元気ですか?
このアルバムの中で一番気にいっている曲はどの曲ですか〜?(しらけそうですが、今後もアルバム特集は書いていきますぞ!)
posted by KEN at 19:49| Comment(4) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

今年の思い出ライブ BEGIN編

今年ほどBEGINのライブに行かなかった年はなかった。

BEGINとの出会いは1990年、当時高校3年生であった。
BEGINライブに行った回数はもう数え切れない。
単発的なオフはあったにしても、ここまでBEGINの活動を休止しているのは15年目にしてはじめてだ。
よって今年は3回しかBEGINのライブに行っていない。

個人的には3.19のBYGでのライブがよかったのであるが、15年目にしてはじめて到達した「武道館」でのライブを挙げたい。
このブログをはじめて、実は「Live Report」のカテゴリーにBEGINのライブを一度も書いていない。ずっと書きたかった。

曲名を記載します。続きを読みたい人のみ中にお入りください。
続きを読む
posted by KEN at 12:44| Comment(4) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

涙そうそう

涙そうそう.jpg

今日はBEGINの「涙そうそう」。
もう何度聴いたかわからない。そのたびに感動をもらっている曲である。

どうしても、夏川 りみさんのイメージがあるが、作詞 森山 良子 作曲 BEGINである。
良子さんがBEGINのファンだったことから、BEGINに作曲を依頼。「良子さんのイメージで曲を作りました」とBEGIN。「涙そうそう」というタイトルだけは決まっていたその曲に良子さんが作詞して、名曲が生まれた。

はじめて聴いた時の感動は今でも忘れられない。

BEGINもこの曲に対しては自信をもっていただろう。
「ようやく、自信のある曲にめぐりあえました。いつか世の中に広まっていく曲だと思います。」
その予言どおり、今では世の中に響き渡っている、広まっていった曲である。

シンプルなメロディーの中にも、想いがたくさんつまった詞の内容。
この曲を演奏している時の3人の姿は、この曲を本当に大切にしているのだな、と見ていて感動する。
ひとつひとつの音を大事に演奏している姿がある。
この曲を演奏している時のBEGINは誰を、何を思い浮かべているのか?栄昇のあまりの熱唱ぶりに「涙そうそう」になることもたくさんあった。
「涙そうそう」で紅白歌合戦にも出場したBEGIN。
BYGで「涙そうそう」を久しぶりに聴きたい。

休養があけ、新たなスタートをきるBEGINに心が躍らないはずがない。
「音楽の家」で待ってるぜ〜!




posted by KEN at 13:10| Comment(4) | TrackBack(1) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

BEGIN AAAに出演決定!

とうとう、BEGINが始動開始?

2005年11月30日(水)
大阪城ホールでのAAAイベントにBEGINの出演が決定した。(とらままさん、情報ありがとう!)

BEGIN不在の間、たくさんのライブに行った。
バンバンバザール、kengo、山本 隆太、風味堂、MAMALAID RAG、BLACK BOTTOM BRASS BAND、松千、リクオ、下地 勇。
そして、本日のイノトモ児島 いづみ

BEGINが始動開始するとともに、想像もつかないほどに忙しくなる。
BEGIN休憩中にこんなに素晴らしいミュージシャンがたくさんいることを教えてもらった。
音楽バカな私の忙しい旅がそろそろ始まる。

BEGIN情報は⇒コチラから。


posted by KEN at 11:50| Comment(7) | TrackBack(1) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

パイナップルムーン  

パイナップルムーン.jpg
(クリックして、拡大してお楽しみください)

徐々に元に戻していきます。
「My Favorite Songs」を復活させていきます。
My Favorite Songs=おすすめの曲なので、興味を持たれた方がいらしたら、是非とも聞いてみてくださいね。

本日はBEGINの「パイナップルムーン」。

この曲、初めてライブで聞いた時、「やってくれたぜ!」って思いました。
それは、今までにない曲調だったからだ。
Jazzyな感じに仕上がっていて、こういう曲もBEGINに似合うじゃん!って感動したのを思い出しました。こういうひきだしも持っていたのか〜って。少し嬉しくなりました。

この曲、初めてライブで聞いたのが、忘れもしない2002.3.21。
「MUSIC FROM B.Y.G」が発売された日だった。
その日はこのアルバムの曲を1曲、1曲の思いを語りながら、披露してくれて、今思い返せば、「プレミアム ライブ」だったな〜なんて懐かしく感じていますが・・。

この曲のよさは、はじめのイントロの部分にあると思います。
キーボードの上地 等の軽やかなタッチの音でまず、幸せな気分になる。
それこそ、ワインでも片手に聞きたい曲ですね。
この曲をBYGで演奏しているBEGIN、雰囲気があってすごく似合います。
BYGでライブをしたからこそ出来た曲であろう。

さて、この曲、誰かをイメージして描かれた曲だそうです。
さて、その人物とは誰でしょう?

ちなみに、BYGには「パイナップルムーン」というメニューがあります。是非とも一度飲んでみてくださいね。そしてこの曲をかけて、いい気分になりましょう!

PS・・・明日の予告はお絵かきBBS2.gif(←クリック)に隠されています。本日は日曜日だったので、お絵かき2作描きました。
posted by KEN at 20:08| Comment(4) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

今宵B.Y.Gで  

今宵BYGで2.jpg
(↑↑クリックして拡大してお楽しみください。)

「♪壁に染みこむのは RYTHEM&BLUES 今宵B.Y.Gで♪」
実はこのブログのタイトル、この曲からきています。

BEGINの名曲「今宵B.Y.Gで」。
もうBYGに何度通ったことだろう?わからなくなってきています。

そんな意味をこめまして、今年2005年にBYGにライブに行ったライブをBYGの壁に刻み込みました。もうこんなに行ってるんだな〜って、少し驚き。。
ひとつひとつのライブ全てに思い出があります。
実際はライブのない日にも行っているので、実際はもっと多いのですが・・・。

これから、この壁にはもっともっと、刻まれていくことであろう。
たくさんの感動をありがとう!BYG。

本日、Ban Ban Bazar、明日はMAMALAID RAG。(もうすでに壁に刻み込みました。探してください。)
音楽バカな僕の「音楽の旅」はこれからも永遠に続く。

PS・・・「今宵」の漢字、間違えました。最近、パソコンばかりで、字を書く機会も減りました。字を間違えたこと、かなり後悔しています。修正したかったのだけど、やり方わからず・・・。申し訳ありません。本日、バンバンナイト。仕事お休みなので、もうバンバンナイトに備えています。すっげ〜楽しみ。

posted by KEN at 12:11| Comment(8) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

BEGIN

BEGINシングル大全集

僕の絶対的、神様的存在。

青春時代、BEGINの音楽とともに過ごした。
たくさんの幸せをもらった。辛い時にはBEGINの音楽に救われ、ハッピーな時にはBEGINの音楽を何度も聞きまくり、もっとハッピーな気分になった。365日、聞かない日はなかった。
生活の一部であったのだ。

「恋しくて」でその名は全国に広まった。
しかし、欲のない、ゆる〜い性格から、いつの間にか世の中からその名前は忘れさられるようになった。
「声のおまもりください」「防波堤で見た景色」で再び、BEGIN健在を世の中にアピールしたが、またもや忘れられるようになった。
そんなことを繰り返しながら、「涙そうそう」「島人ぬ宝」で不動の地位をつかんだのである。

BEGINにとって、辛かった時代を僕は見てきた。
それでも、現在のスタイルを変えることは一度もなかった。世の中に認められなくても、「真の音楽」を追い求める姿は今も昔も変わっていない。

僕はBEGINを見てきて、ず〜っと思っていたことがある。
「BEGINは絶対、世の中にもう一度出て行く。」
その予言は当たった。

当時、BEGINが辛く、さまよっていた時期に、若かった僕はこの幸せを独り占めしようとした。要するに、「隠れBEGINファン」になっていたのだ。この感動を誰にも教えずに幸せを一人の「宝物」にしていた。(そういうBEGINファン、多かったです。)

ある日、その考えが変わる転機が訪れた。
高円寺JIROKICHIでのライブの時であった。
ライブで初めて「涙そうそう」を披露した時のライブである。

栄昇が「新曲です。BEGINとして、ようやく自信のある曲にめぐりあいました。この曲はそのうち、世の中にじわじわと浸透していく、いや広まっていって欲しい曲です。」
欲のないBEGINが初めて口にした自信。
その時、初めて聞いた「涙そうそう」で涙が止まらなくなった。
栄昇の予言通り、(少し時間はかかったが、)世の中に広まっていった。
この時の「涙そうそう」を聞いて、隠れていた気持ちが180度、変わっていったのである。

「この曲、この幸せは自分一人だけのものではない。」
そう強く感じたのである。

それ以来、あらゆる人をBEGINのライブに誘い、同じ感動を分かちあった。

その後、BYGとの出会いもあったのである。

今年3月、BEGINは初の武道館のステージに立った。
内心、寂しい気持ちもあったが、コンサート終了後、誇らしい気持ちになった。15年間応援してきてよかった〜!って。

長くなってしまったが、今現在の僕の幸せはBEGINなくしては、あり得ない。
たくさんのミュージシャン、たくさんの音楽仲間、そしてBYG。
全てBEGINがくれた「宝物」。

栄昇がよく言う。
「音楽はBEGINだけでない。他の音楽をもっと聞いてみな」って。
その当時、絶対にそれができなかった。BEGINの音楽にしか興味がなかったから。
しかし今は・・・。
そのコトバ、僕は今実践しています。

栄昇の大切にしているもの。3つ。
「家族」「BYG」「海」

僕の大切にしているもの。3つ。
「家族」「BYG」「BEGIN」

復活した時、また「幸せ」をください。

過去のBEGIN⇒http://ken-byg-.seesaa.net/article/4855241.html


続きを読む
posted by KEN at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

News(上地 等編)

Forest Green.jpg 美しい暮らし.jpg

あの感動が再び!
7月のBYGでの「上地 等&リクオ」ライブはとても楽しく、ほのぼのとした感じでした。今でもあの楽しさは思い出すと微笑みがもれます。

なんとそのBYGのライブで何度も言っていた「またやりましょう!」の言葉が現実に・・・。今回、大阪と沖縄の2DAY'Sのみ。
行きたいな〜。
絶対、あの2人なら楽しいライブにしてくれるはず。そして聴かせてくれるはず。関西・沖縄の皆様〜楽しいですよ〜!。
もう一度BYGでやらないかな?それは贅沢か。

詳しい情報はこちらから
http://www.teichiku.co.jp/artist/begin/

過去のライブレポ
http://ken-byg-.seesaa.net/article/5075669.html

PS・・・最近、全然BEGIN情報チェックしていませんでした。手遅れになる前に、情報はマメにチェックしましょう!
posted by KEN at 14:31| Comment(2) | TrackBack(1) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

YOU  BEGIN  My Favorite Songs25

どこかで夢が口笛を吹く夜.jpg

My Favorite Songsコーナーも今日で25回目。まだまだ書きたい曲がいっぱいあります。少し、ミュージシャンにかたよりはありますが。これから、洋楽も書いていきたいと思っています。あと、違う連載ものも企画しております。ネタがたくさんありすぎて困っている次第です。
K.Tの挑戦日記も徐々に盛り上がりをみせてきていますので、こちらの方もよろしくお願いします。(結構、アドバイスをいただいたりして勉強になります)

「YOU」
この曲、僕の中では多数あるBEGINの名曲の中でも上位にランキングされる曲です。

画像のBEGINの3枚目のアルバム「どこかで夢が口笛を吹く夜」に収録されています(他にも収録されていますが)。もう10年以上前のライブでは毎回のように歌ってくれました。今は歌わないけど。
BEGINファンの人ならライブで是非とも聞いてみたい曲ではないでしょうか。

昔、BEGINは「CMキング」って呼ばれていた時代がありました。シングルカットした曲のほとんどがCMで起用されていたのです。この曲もUNIMATのCMで使われていました。

当時のCDの音はかなりアレンジされています。実際、ライブで聴くとアコースティックな感じでこれぞBEGIN!って思わせるほど、聴いていて気持ちがいい曲です。栄昇のリズムギターと優のガットギターのアレンジと等のきれいなメロディーラインがたまらない曲に仕上がっています。この曲も3人の独特な雰囲気を味わえる曲です。

この曲で一番思い出に残っているのは、どこの会場か忘れましたが(おそらく二子玉川アレーナ)スローテンポに曲調を変えて歌ってくれたことです。CDではアップテンポな曲調をあえてライブではスローで演奏してくれたのです。その時の栄昇の歌声、最高でした〜!今でもよく覚えています。
優&等のコーラスも心に響いてきて。この曲、スローもいいですよ。もう一度聞いてみたいな〜。BYGでも2、3回歌ってくれました。栄昇が「久しぶりな曲を歌います」って。このMCを聞くとドキドキするのは僕だけでしょうか?

BEGINも200曲を超える曲の中で選曲するのだから、大変です。しかし、この曲は忘れてほしくないな〜なんて思っています。そういう曲たくさんあるけどね。もうかれこれ、この曲、2〜3年は歌ってないのでは?気長に待ちましょう!

この曲、ギターを始めるには最適な曲です。曲調が変化する(オリジナルKEYがG⇒A♭に変化)最後のサビから曲の終わりを除いては、8つのコードで弾けてしまいます。(全て弾くと16のコード)
一五一会も同様といえるでしょう。
僕の場合、ギターではあえてアルペジオで弾いています。

<優ワンポイントアドバイス>
アコギで弾き語りする時はCDより、もっとバラードテイストでやってみてもよいかと思います。静かに歌っても元気が出てくる曲です。(GUITAR SONG BOOK BEGINより)


話は脱線しましたが・・・この曲、栄昇がよく言う「ごみ箱」の中に入れないでくれ〜!

PS・・・BEGINのライブがないのが寂しく感じ始めた今日この頃です。秋になるとなぜかBEGINの曲が聞きたくなるK.Tでした。
posted by KEN at 13:37| Comment(4) | TrackBack(1) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

News(島袋 優編) 

サザンオールスターズ.jpg

日曜日の夜23時ころNHKを見たら、「サザン・オールスターズ」のライブ模様が放映されていました。先日の風味堂も出演した「ROCK IN JAPAN'05」のサザンのライブ模様が。何気なく見ていましたが、なんとびっくり!

島袋 優がTVに映っているではないですか〜!サザンの新曲「神の島遥か国」に三線と指笛で参加している模様。サザンの桑田さん、 由子さんとがっちり握手している場面が放映されました。帽子はかぶっていませんでした。
こんな活動もしていたのか・・・。曲も優の三線の音がサザンの音楽にマッチされていて、サザンの音に沖縄の風がプラスされて、とてもいい感じの曲。
同じ事務所とはいえ、凄いな〜!優。

BEGIN⇒http://www.teichiku.co.jp/artist/begin/

PS・・・今の活動があまりに楽しすぎて、活動再開が遅れそう?みんなBEGINを待っています。
posted by KEN at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

ボトル二本とチョコレート BEGIN My Favorite SongsS

ボトル二本とチョコレート.jpg        begin-byg.jpg

まだまだバンバンバザールDeluxの余韻が残っています。最近の日記を(カーソルを下の方にずらして)読み返してみると、バンバンの話題ばかり。(アルバム発売やライブもあったし・・・)

本日は僕の神様”BEGIN”です。そうなんです、僕はまだまだBEGINファンなのです。最近、多くのミュージシャンのライブに行くようになりましたが、いい音楽は本当にいい!素直に認めましょう!それにいい音楽に順番はつけられません。みんなよいです。BEGIN+BYGのおかげで、多くのミュージシャンや仲間とも出会うことが出来たし。
それは神様「BEGIN+BYG」が与えてくれた「宝物」だと僕は思っています。

「ボトル二本とチョコレート」
この曲、初めてBYGで披露してくれた時、とてもとても新鮮で嬉しかった。それまでのBEGINの曲にはない様な感じがして。(前にも書きましたが)それまで、盛り上がれる曲が少なかったのである。せいぜい「太陽のチルドレン」「Bourbon&Pineapple pizza」「流星の12弦ギター」くらい。(そういうBEGINも大好きだったけど・・)
本当に元気や勇気をもらい続けたね、この曲には。明日からまた、働く元気が湧いてくるというか。初めて聴いて以来、会社に向かう歩きの中で(小さい声で)毎日、歌ってました。自分自身に対する応援歌みたいな感じで。

輪唱できるのもいいね。BEGINとお客さんの間で一体感が生まれるし・・・。この曲あたりからBEGINのライブが変わっていきました。

当時、MCの中で栄昇は「この曲、BYGでライブしてる時にお客さんの姿を見て、思ったことを詞にしました。」って言っていました。そういえば、「TシャツもYシャツも ここに座れば意味がない」だもんね。
自意識過剰のK.Tはこの曲の主人公だ!なんて勝手に思っておりました。(訂正します⇒主人公の中の一人です。)BEGINのBYGライブにはYシャツで行ったことがありませ〜ん。またまた自意識過剰すぎました。
この曲、実は発売する1年以上も前からBYGで歌ってくれていました。初めの時と若干、詞も変えていたりして。(今ではどのように変わったか覚えてないけど・・)
この曲の中で一番好きな詞は「今日も明日も俺達 頑張っていこうか」曲の最後のところ。本当に頑張ろう!!って思える。最後の最後に栄昇、シャウトするんだけど、そこもまた、たまらなく大好きです。

CDでは昔、優が所属していた「石垣第二中学校 ブラスバンド」の中学生もレコーディングに参加していて。CDを聴いた時にびっくりしました。あのホーンの切れ味が中学生に出せるなんて。さすが全国大会で優勝してしまうくらいのブラスバンドですね。
BBBBのIGGYとOJIも参加していますね。この当時、BYGのBEGINのライブには2人が毎回のように出てきてくれて、とても楽しかった!BEGINの音楽に新しい風が吹いてきた気がして。
BEGINの音楽にドラムとSAXの音が入り、とても新鮮でした。

僕の中では「今宵B.Y.Gで」に次いでのBYGのテーマソングだと思っています。必ずライブでは歌ってくれるし。BYGでのライブでは絶対に歌いたい曲なんだろうね。初めて会社の同僚をBEGINのBYGライブに連れて行った時、さんざんこの曲の輪唱を2人で練習していったら、なぜかその日だけ歌わなかったって事もあったけど・・・。今では大きな会場でも必ず歌いますね、この曲は。武道館でもBBBBの演奏応援のもと、盛大にやってくました。

それでは最後に「今日も明日も俺達」
「頑張っていこうか〜♪」

PS・・・初めて太字&大文字使ってみました。
     この曲、ココリコの田中君が大好きみたいですよ。



posted by KEN at 13:23| Comment(4) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

防波堤で見た景色  BEGIN  My Favorite SongsM

TOKYO OCEAN.jpg

今日は本当に暑いですね〜。今年、一番の暑さらしいですよ。かき氷でも食べたい感じ。そういえば、ここ数年、お祭りに行ってないな〜。僕が住んでる小金井市でも最近、祭りがあったが素通りしてしまいました。今年は花火大会にも行きません。最近、夏を感じるのは甲子園かな。

本日は「防波堤で見た景色」。歌っているのが、神様BEGIN。VO&GUITAR 比嘉 栄昇、GUITAR 島袋 優、PIANO 上地 等の石垣島出身の3人組である。(リズムとブルースに早く覚えてもらいたくて・・・。)本当に仲のいい3人だね。この前のライブでリクオさんもMCで言っておりました。
この曲、シングルCDで発売、関西地区で大ヒットした曲。FM802のHIROさんの番組でヘビーローテーションでガンガン流したため、関西では絶大な人気を誇っています。関東では「声のおまもりください」。当時、ラジオに出演したBEGINは「関東、関西には広まるのだけど、名古屋にはいかない。名古屋が悪い」(優)「そんなこというなよ〜名古屋の人に悪いではないか!」(栄昇)最近では名古屋地区でも人気がでてきたね。

詞も色々考えさせられたな〜この曲の詞は。東京生まれ東京育ちの僕にはこの暮らしが当たり前で、この詞のように色々感じることはない。上京してきた人たちにとっては毎日がお祭りみたいな東京
に少し疲れを感じるのかもしれない。「晴れた空 南風それだけでいい」。本当にそんな気持ちなんだろうな〜。
でも、僕が石垣島に何年も暮らすようになったら、どう思うだろう?ずっと都会の水に慣れてきている僕にはおそらく少しもの足りなく感じるだろうな。時間の流れがせわしいところに慣れてきているから。そんな事を思いながら、アルバム「TOKYO OCEAN」聴くと楽しめますよ。

この曲演奏しているBEGINが一番大好きです。3人のいい感じの空気が伝わってきて。BEGINの場合、何かわからないけど、独特な空気があるよね。ドラムがいないので優と等のアイコンタクトだったり・・・。その空気を楽しむのもBEGINのライブではお楽しみの中のひとつです。この曲の等のピアノ、最高にいいね。遠くを見させてくれている感じ。サビのコーラスも聴きごたえあります。今では200曲を超えるBEGINの曲の中でもずっと歌い続けるだろうね、この曲は。

急にこの曲が頭をよぎって、今日書くことに決めました。
今年はライブの予定が今のところないが、個々の活動を目の当たりにできるのは嬉しいかぎりです。明日、久しぶりに島袋 優のギター&安本社長が一目で気になった下地 勇さんのライブを十分に楽しみたいと思う。
追記
posted by KEN at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。