2005年12月11日

マスクマンが面白い

マスクマン.gif
(↑クリックすると関連サイトにジャンプします。)

音楽を中心に書いていますが、たまにはお笑いの話題で。

法政大学の学園祭に行った時に「お笑い大回転」というイベントをやっていた。
20代の若手お笑い芸人が15組も登場してきて、お笑いを楽しんだ。

15組の中で一番面白かった、笑えた若手お笑い芸人が「マスクマン」だ。
マスクマンは⇒こんな人
学園祭に行った日、2ステージをしたのだが、同じネタを2回やる芸人が多い中、マスクマンは違うネタで楽しませてくれた。
その面白さ、楽しさににマスクマンのことが気になり、翌日も出演する法政大学の学園祭に行ってしまったのだ。その日のステージも違うネタを披露してくれて楽しめた。他の出演者はほとんどが同じネタでした。

マスクマンのお笑いには独特な表現力、雰囲気がある。マスクマンワールドをしっかり確立していて、芸に色があって匂いが漂ってくる。
ネタも洗練されていて、3回とも違うネタを披露し、引き出しの多さを証明してくれた。
ピン芸人でこんなに笑ったのは初めてだ。

ジャンルは違うが音楽(ミュージシャン)にも共通する部分がたくさんあるな、と感じた。
やはり、いつも同じネタ(ステージ)を毎回やっていては、飽きられてしまう。一瞬、ブレークする可能性はあるにしても、結局は飽きられて世の中から消えてしまう。
そんなミュージシャン、お笑い芸人が何人もいたことも事実。
お客さんは結構、シビアに見ている証明でもある。

いかにお客さんを楽しませるか?
引き出しは多く持っているにこしたことはない。あと、自分にしかできない独特な色、匂いなど「ワールド」を持っているのが長続きするのだな、と思った。

マスクマンよ、これから幾多の苦難を乗り越え、
マスクマンの笑いで世の中を笑わせてしまえ〜!

今年はマスクマンのライブには行けないけど、来年は必ず行く!
また笑わせてくれよ!

PS・・マスクマンのブログも笑えます。
    ⇒コチラから。
posted by KEN at 12:26| Comment(3) | TrackBack(0) | マスクマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。