2006年03月23日

kengo特集

外勤の毎日なのでなかなか更新できません。。
キーワードでブログ検索していたら、興味深いのをいくつかみつけました。やはり同じファンの人があれこれ書いているのを読むのは楽しい!
てなわけで勝手に載っけさせていただきます。

1.たんぽぽ道♪←こらは奈己ちゃんブログ。

2.がんばる女社長

3.しあわせホイホイ

4.匂いをなくした愛らしさ

5.たいちょうにっき

載っけてしまった皆様申し訳ありません。
勇気のある方はコメントしてみましょう!
posted by KEN at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | kengo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ママラグ ラジオゲスト出演

本日TBSラジオ番組「ストリーム」にママラグが生ゲスト出演する。
番組内の「サウンド・パティスリー」というコーナー。(15時頃出演)
いつも外勤中にこの番組を車の中で聞いているが、ゲストに出演したミュージシャンの生い立ちから現在に至るまでを話していく番組なので興味深い。
風味堂のラジオ出演は何度も聞いたことがあるがママラグははじめて聞く。どんな話になるのか楽しみだ。(ちゃんと話すのか?)

この番組のサイトを見ていて「オオー」っと思った。
まずは見てくれ
↓CLICK ON HERE!

サウンドパティスリー.gif

なんと「 萩原健太さんの2005年ベスト盤邦楽編」サザンオールスターズ、山下 達郎に並びバンバンの「十」が選ばれている!

番組情報は
↓CLICK ON HERE!

ストリーム.gif

そろそろ外勤にでかけましょう。
posted by KEN at 10:41| Comment(7) | TrackBack(0) | MAMALAID RAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

王JAPAN 初代世界一!

JAPAN.jpg

王監督が掲げた「スモール・ベースボール」の勝利だ。
スモール・ベースボールとは、「バント、盗塁、右打ち」を意味し、わかりやすく言うと高校野球のような野球を意味する。他国のパワーに対抗するべく足を使って堅実に得点する。

貢献したのはやっぱりイチローだろう。
メジャーリーグで多数の記録を塗りかえ年棒も数十億という偉大な選手が「JAPAN」のために戦ってくれた。
あえて嫌われ役を演じ、おとなしい選手たちの心に火をつけさせた。
本来の1番バッターではなく、3番に置いたのがよかった。イチローを3番におくことによりチームに安心感がでたのが好結果につながったようにみえる。

でも世界一になったのも「メキシコ」のおかげ。
今日はメキシコ産コロナでも飲んで乾杯だ!

なにはともあれ、日本選手にあっぱれだ!




posted by KEN at 21:55| Comment(2) | TrackBack(14) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

BYG (短編小説風) PART12

「各ラジオ局で」

「MUSIC FROM BYG」を発売したBEGINは各ラジオ曲にゲスト出演した。発売日の翌日にもFM横浜で生ライブを披露していた。

「渋谷のBYGというライブハウスで1999年から月1回ライブをしていて、1969年からずっといい音楽を流し続けているところです。」
そして「そこのオーナーの安本さんがとても頑固で・・・とてもこだわりのある素敵な方です。」
ゲスト出演するたびに言っていた。これを言う担当が島袋 優でした。

おそらくこの発言は「BYGという素敵な場所をみんなに伝えたい」という気持ちがあったのだろう。
TBS「花まる」でも写真つきで紹介されたのである。

この露出をきっかけに常連さん達が危機感を強め毎月のように30分づつ並ぶのが早くなっていったのである。


posted by KEN at 21:31| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

4月初旬は音楽バカ

3月下旬から4月初旬にかけて音楽バカを発揮することになる。

私がライブをするわけではないが、見てくれこのスケジュールを。

3.29(水)風味堂(BYG)
3.31(金)バンバン・バザール(たんぽぽカフェ)
4.1 (土)下地 勇(BYG)
4.2 (日)BYGファンの集い
4.4 (火)風味絶景 ママレイ堂(BYG)
4.5 (水)内田勘太郎 & 島袋優(BYG)
4.6 (木)未発表(BYG)
4.7 (金)古川 奈都子&山本 隆太(マルディグラ)

体力もつのか?

そういえば昨年の今頃、こんな時期もあった。
3.17(木)BEGIN武道館
3.18(金)kengo
3.19 (土) BEGIN(BYG)
3.20(日)風味堂(BYG)
この時は何とかもった。

音楽バカの本領発揮してみましょうか? 
posted by KEN at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

kengoライブ

kengoのライブに行ってきた。(BYG)

ここ何ヶ月かバンドでのライブだったので久しぶりに一人でのライブを観たいな、なんて思いながらお店に遅れて到着。もうはじまっていた。

曲名記載。

続きを読む
posted by KEN at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | kengo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

BYG (短編小説風) PART11

「MUSIC FROM B.Y.G」

060319_2135~01.jpg

いつしか2階、3階でのライブが地下に移った。
今でも忘れられないライブとなった2002.3.21。「MUSIC FROM B.Y.G」の発売日のライブ。
3.21といえばくしくもBEGINがデビューシングル「恋しくて」を発売した日でもある。
BYGで録音したというこのアルバム。

01:ボトル二本とチョコレート
02:パイナップルムーン  
03:NO MONEY BLUES
04:時代遅れのバースディプレゼント
05:ガンボスープに豆は入っているか
06:定価ブルース
07:道玄坂で見た景色
08:メッサ腹へっとんねん
09:灯り(アルバム・バージョン)
10:今宵B.Y.Gで

この日のライブは上記の曲を全て演奏。「ボトル2本」にいたっては2回演奏した。
一部が終了し記念コースター(上の写真)をめくると何と裏にBEGIN3人のサインが・・・。嬉しかったのだが、優しい私は遠くから来ていたBEGINファンの人にあげてしまった。(ちょっと後悔。。)
1曲、1曲、エピソードをまじえながら演奏してくれた。
特に「ガンボスープ」のインスト曲のエピソードが面白かった。
とにもかくにもこの日のライブはプレミアムライブとなったのである。
BBBBのメンバーやらnamiちゃんも登場しBYGファミリー一色のライブであった。
このアルバムが発売されたことにより、BYGの名が知れ渡り、毎回超満員ライブになっていったのである。

posted by KEN at 22:00| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

BYGファンの集い開催!

今年もやりましょう!
BYGファンの集いを4.2(日)に開催します。

音楽好きな方のためのオフ会です(ただの飲み会です)。
時間などの詳細が決定しましたら、記載します。
初参加の方も大歓迎です。
昼間からのお花見を予定しています。
皆様、ふるってのご参加お待ちしております。
posted by KEN at 20:07| Comment(14) | TrackBack(0) | BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

BYG (短編小説風) PART10

「ケンリュウ KENRYU」

もう5年も前のことだがBEGINのライブに時折登場してきた2名の男性ミュージシャンがいた。
鈴木 建吾(kengo)と山本 隆太である。
「ケンリュウ」というバンド名で活動していたとのこと。

当時は何か自信がなさそうな、恥ずかしそうに演奏していたような・・・。
あまり伝わってこなかったのが正直なところだ。(ただ単に私がBEGIN ONLYだったからかもしれない。)
そもそもBEGINのライブにBEGINファンしかいない中で完全アウエー状態で3曲くらい演奏するのだから今思えば緊張するのは当たり前のことであるが、当時の私は正直「BEGINのライブを観にきているのだから・・・勘弁してくれ」と思ったものだ。栄昇もお客さんに「いいでしょ?」と言っていたが、「?」肯けなかった。
「今が未来の時」をこの場で演奏してくれたことだけは覚えている。

ある時を境に登場してこなくなった。その間の空白期間を超えて再び出会うことになる。
当時のケンリュウと出会っていて今はヨカッタと思う。
(再び出会った時のことは後日になります。)
この時の2人を見ているからこそ、今の私があるのである。
posted by KEN at 22:00| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

消えた恋

ママラグ 消えた恋.jpg

ママラグのNew Single「消えた恋」が3.29に発売される。
今回はなんとDVD付きだそうだ。
DVDでは昨年のキネマ倶楽部でのライブで演奏した曲が5曲収録されているという。「春雨道中」が収録されているらしい。これは楽しみだ。

ママラグの音のひとつひとつが心に刻まれる。早くママラグのライブに行きたい!本当にすげぇバンドやな〜ママラグは。
春はママラグの季節だ!

ママラグのセンス日記に注目!
http://www.mamarag.com/

噂では4月にもアルバムが発売されるらしいぞ。


posted by KEN at 22:25| Comment(6) | TrackBack(0) | MAMALAID RAG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

BYG (短編小説風) PART9

「BEGINのアルバムBEGIN」

BEGIN−BEGIN.jpg

BEGINのアルバムの中でも大好きなアルバムである。
BYGでライブをして1年が経った頃、発売された。まだ3階でライブをしていた頃はこのアルバムの曲を中心に演奏してくれた。

01:ラブソング
02:埃まみれのブルース
03:空に星があるように
04:青い月の夜
05:愛の言葉
06:ブレイクショット
07:おっちゃんタクシー
08:かくれんぼ
09:考え込んでちゃ
10:涙そうそう

特に今でも耳に焼き付いているのは「考え込んでちゃ」と「愛の言葉」。今ではなかなか歌ってくれないので、印象に残る。
「埃まみれのブルース」はBYGでライブをしたからこそ出来たような曲。
当時はいい意味で「ハチャメチャ」なライブをしていた。
セッションが急にはじまったり、それに合わせて栄昇がシャウトしたり、替歌を歌ったり。
MCもかなり長かったり。普段では見れないBEGINの自然な姿が見れたのである。



posted by KEN at 12:04| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

三軒茶屋で

昨日、土曜日は三軒茶屋に行きました。

たまには気分転換にと、欽ちゃんの稽古場「三軒茶屋欽こん館」というところに若手お笑い芸人のライブを観に行った。
20代の芸人さんがそれぞれ持ちネタを披露してくれたがイマイチ面白くなかった。入場料が500円だったので、「まぁ、いいか」と。会場を後に。

尾道ラーメンを食べて、お腹をみたしたところで
「HOME WORK CAFE」へ。

前日にBOOT復刻盤の予約をしていたので引き取りに。

ブート盤1.jpg

中に入ると福島さん、オサムくん、店長さんがいた。
福島さんと2時間ほどDEEPなお話をして、BEERを2本飲んで気分よくなりました。

それにしてもブート盤が復刻されたのはとても嬉しい。
これで6枚揃えたとうわけだ。
今度旅にでかける時、車の6連奏チェンジャーにいれて聴きまくろうではないか。
今日、全部聴きましたがなかなかの物ですぞ。
お楽しみに。


posted by KEN at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | バンバンバザール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

BYG (短編小説風) PART8

「新婚旅行と課内会議」

まだ3階でBEGINがライブをしていた頃は「次回は○月○日」とBEGINが次のBYGライブの日程を発表してくれていた。発表しない日も当時は水曜日にライブがあることが多かったのである程度、日程は想像できたのである。
地下にライブが移ってからはBEGINも忙しくなりなかなか次回のライブ日程がわからなくなった。
実はBEGINのライブを2回だけ欠席した。会社の会議が20時を超えた時と新婚旅行の時。5年も毎月のようにBYGでライブをしているのだから2回の欠席くらいは・・・と思われるかもしれないが、この2回の欠席は私にとっては大問題であった。会議中に急に病気になろうかな、とか新婚旅行の日程を変えようかな、とか真剣に考えた。それほど楽しみなライブだったのだ。
posted by KEN at 12:50| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

BYG (短編小説風) PART7

「涙そうそう」

今や国民的な曲になった。もちろんBYGでも毎回のように歌ってくれた。この曲、どうしても夏川 りみさんのイメージがあるがこんなエピソードがある。

まだ3階でライブをしていた時のこと。BEGINのライブをBYGに観にきていた夏川 りみさんがその時演奏した「涙そうそう」を聴いて感動し、ライブ終了後にBEGINに直接お願いをしたという。「にぃにぃ、この曲歌ってもいい?」
「歌ってもいいよ。」
今の夏川 りみさんがあるのも「涙そうそう」が全国に広まったのもこの日のライブがきっかけだったという。
何よりBYGからはじまったのである。
posted by KEN at 12:27| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

BYG (短編小説風) PART6

「初告知」
全くの告知なしではじまったBEGINのBYGライブ。回を重ねるごとに人から人へ伝わり、お客さんの数も毎月のように増えはじめていた。
シークレットライブ的な感じだったのでBEGINもはじめのうちはメディアで公表することはなかった。
1999年の12月だったと思うがアルバム「BEGIN」をひっさげてツアーを行った際、最終日の渋谷AXにてはじめて告知した。MCの中で「渋谷といえばBYGというお店で毎月ライブをしています。」

この頃から2階、3階は満員になっていったのである。ただし、早く来て並ぶほどの状況ではなく会社帰りにゆっくり来ても大丈夫であった。
posted by KEN at 09:15| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。