2006年03月08日

昭和47年生まれ

昭和47年生まれ.jpg

昭和47年は私が生まれた年。
ヒット曲としては
●第14回レコード大賞「喝采」ちあきなおみ
●「旅の宿」「結婚しようよ」吉田 拓郎
●「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子
●「せんせい」森昌子
●「男の子女の子」郷ひろみ
●「どうにもとまらない」山本リンダ
●「傘がない」井上陽水
●「メリー・ジェーン」つのだひろ
●「天国への階段」レッド・ツェッペリン 


続きを読む
posted by KEN at 22:53| Comment(8) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

バンバン・バザール ライブ

バンバンバザールのBYGライブに行ってきた。
BYGでのライブは昨年末以来。待ちに待った日がようやくやって来たというわけだ。

曲名記載。続きを読みたい人のみ中へお入りください。

続きを読む
posted by KEN at 10:00| Comment(4) | TrackBack(1) | バンバンバザール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

BYG (短編小説風) PART5

「1部と2部」
はじめてBYGのライブを体験してみて新鮮だったことがある。それは1部と2部があることだ。はじめてBYGのライブに来たお客さんは少しびっくりするかもしれない。私もこのようなシステムのライブははじめてだったのではじめはびっくりした。

1部と2部の間に20分くらいの休憩時間がある。この時間は貴重な時間である。
なかなかライブ中にはトイレに行きにくい。そしてお酒も注文しにくい。ライブ全体を集中するのはなかなか難しいのだがこの20分があればひと息入れることもでき、その後のライブも楽しむことができる。何よりこの休憩時間にお酒を呑んで呑んで・・・ほろ酔い気分になって2部は盛り上がるのだ。大抵のミュージシャンは2部に盛り上がる曲を持ってくるので、更に盛り上がる。
このシステムは今も昔も変わっていない。
posted by KEN at 19:25| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

BYG (短編小説風) PART4

「Beautiful.Young.Generation」

東京生まれ東京育ちの私だがあまり渋谷とは縁がなく、実は道玄坂を歩いたことが今までなかったのだ。それが毎月通うことに。
2回目のライブは1回目からそんなに日にちが経っていない1週間か2週間後であった。この月はなんと3回もBYGでBEGINのライブがあったのだ。
はじめてのライブは少なかった人数も2回目のライブは40〜50人くらいに増えていた。
「会社帰りにお店に寄ってみたらライブをしていた。こんな雰囲気がいいね。」とBEGINは毎回のように言っていた。
「恋しくて」や「流星の12弦ギター」などお馴染みの曲を演奏してくれた。BYGでのライブ回数を重ねていくうちにとてもリラックスしたBEGINになっていた。
あるライブで急にタバコを吸いたくなった栄昇は「誰かタバコくれないか?」
近くにいた私はタバコを差し出した。
一服しながら、長い話をする栄昇。その間、優、等はセッションを楽しんでいる。そんな光景はBYGならでは。コンサートホールでの型にはまったライブではなく、とてもリラックスした姿があった。
「B.Y.G」とは?何の略?と思った。ある日、スタッフに聞いた。

「Beautiful.Young.Generation」

なるほど。
posted by KEN at 22:50| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

BYG (短編小説風) PART3

「ライブがはじまった」

音楽にのせてBEGINが登場してきた。
目の前を通りすぎるようにステージへ。
なんと、栄昇がサングラスをかけて登場してきたのだ。あまりみかけたことのない光景に見ていた私もびっくりした。少人数(15名くらい)だったので、BEGIN、お客さんの緊張が交錯するかのように何ともいえない空気に包まれていた。
ホールコンサートでも人数を集めるBEGINがこの少ないお客さんの前でこんな近くで演奏しているのが最後まで信じられなかった。一部と二部の間に席を前の方に変えた。こんなに近くで熱唱している生の歌声が胸に響きわたった。これは今までにない感動であった。

「定期的にここでライブをしていきます。」と言った。そしてこの日のライブが終わった。
この日のライブをきっかけに毎月、道玄坂をかけあがることになるのである。全てはこの日からはじまった。






posted by KEN at 10:00| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

BYG (短編小説風) PART2

『出会い』
1999年8月 はじめてBYGの扉を開けた。少々、緊張しながら中に入ってみると洋楽ロックがガンガンに店内に流れていた。「BEGINのライブが本当にここであるのか?」と少し不安になった。
何もわからなかったのでスタッフに質問をした。「BEGINのライブに来たのですが・・・。」
「こちらです。」とらせん階段を上がって席まで案内してくれた。
座って周りを見渡した。あまりの人の少なさにびっくりした。もう開演時間が間もないというのに15人前後しかいない。今までこれほどまで少ない人数でのライブは経験したことがないのだ。
「これは一体?」
しかし、BEGINの楽器は置いてある。

はじめての場所は緊張するものだがこれほどまでに緊張が走った経験はない。何か異様な空気。
期待と不安で胸の鼓動が高鳴った。

店内に流れていたアメリカンロックの音楽が急にチェンジした。
そしてBEGINの記念すべきライブがはじまった。
<続く>
posted by KEN at 20:14| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

BYG (短編小説風) PART1

『はじめに』
最近、家に帰ったらバタンQでなかなかブログ書けていません。今日から3月ということもあり、気分を一新。
今日から短編小説風に連載していきたいと思います。第何回までかは書いてみないとわかりません。
もちろんタイトルは『BYG』でございます。BYGとの出会いから現在に至るまでを赤裸々に綴っていきます。

『あらすじ』
当時、27歳であったK.Tが渋谷道玄坂にあるBYGと出会ったことをきっかけにたくさんのミュージシャン、そして音楽仲間との出会いを綴った『第2の青春ストーリー』。

PS 明日から連載。
posted by KEN at 20:41| BYG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

風味堂ライブ BYG

約1ヶ月ぶりに風味堂ライブに行ってきた。
ここ何ヶ月か月末にBYGでのライブをすることがなぜだか多いような気が?
ママラグとのツアー真っ最中ということで、どんなライブになるのか楽しみであった。

続きを読む
posted by KEN at 10:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 風味堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

湘南

image/ken-byg1999-2006-02-23T22:19:24-1.jpg
昨日神戸にいたと思ったら今日は朝から平塚。一生のうちで一番働いている。でもやっぱり営業は楽しい。
今日はイタリアンレストランでの商談であったがなんと商談成立!はじめは全く知らない人間のところへ行って話をするのだから大変なのだが、「釣った魚は逃すまい」の精神で何度も足を運んだ。そのうち、色々と話が合い今日を迎えた。嬉しかったな〜たまにはこんなこともないとやってられない。

帰りに湘南海岸があったので車を止めぷいっと一服。自分へのご褒美に波風を浴びながら約一時間、昼寝。気持ちよかったな。この波に乗っていくぞ。
さぁ、鎌倉に(仕事しに)行こう!


posted by KEN at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

音楽バトン BEGIN編

音楽仲間が増えたのも、BYGに出会えたのも、多数のミュージシャンに出会えたのも全てはBEGINのおかげ。
BEGINなくしてはこのブログも存在しないし、出会いもない。
感謝の意味をこめて勝手にバトンスタート!

1.BEGINとの出会いは?
2.BEGINの大好き要素は?
3.BEGINの思い出ライブは?
4.好きな曲、しいて3曲挙げるとすれば?
5.BEGINにひとこと
6.今年の沖縄うたの日に参戦しますか?
posted by KEN at 22:31| Comment(11) | TrackBack(0) | BEGIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

神戸

image/ken-byg1999-2006-02-21T18:06:31-1.jpg image/ken-byg1999-2006-02-21T18:06:32-2.jpg

神戸に来ています。何度来ても神戸はいいです。
今日は適当に神戸の街をぶらぶらします。

posted by KEN at 18:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

響木

これはいい!
最近、kengoのNEW ALBUM「響木」ばかり聴いているのだが、とても素晴らしい仕上がりだ。
kengoサウンドとBEGINサウンドが融合しているかのように聴こえてくる。それもそのはず、BEGINの島袋 優がプロデューサーをつとめているからだ。
全曲 作詞・作曲 kengoである。
そして「大地」をぬかして11曲は島袋 優が編曲を担当している。そしてコーラスまで担当。弟分思いだね〜。
特に「Jeep」にその特徴が表れている。
kengoの弾き語りの曲だがBEGINサウンドがうまく絡み合っている。なにか私にとっては嬉しくなってくるようなアルバムだ。なんと「嘘つき」は島袋 優がドラムを叩いている!
そして「木漏れ日の午後」はいい曲作ったな。大好きな曲になった。これは建ちゃん代表ソングになるであろう。そのうち世の中を賑わしてるかも。

BEGINファンへひとこと。
「BEGINもいいけどkengoもいいぞ」(おそらくBEGINも同じこと言うでしょう)
4月22日 島袋 優も出演するらしいぞ。渋谷O−WESTにBEGINファンも集まれ〜!

近い将来、kengoの時代が到来しそうだ。

響木.jpg
posted by KEN at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | kengo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

RYUTA YAMAMOTO INFORMATION FEBRUARY 2006

まだまだ寒いですが近所の梅が綺麗に咲いてきました。
もうすぐ春ですな。

本日2/19よりホームページが開設されます。
RYUTA YAMAMOTO WEB SITE
http://www.ryutayamamoto.com
チェックしてみて下さい。どうぞよろしく!

久々のソロライヴも決定しました。
4月7日 金曜日
『山本隆太』
w/古川奈都子
会場:自由が丘Mardi Gras
電話:03-3722-6892

OPEN 19:00 START 20:00(予定)
CHARGE 2,100yen+order(予定)
対バンは尊敬するニューオリンズ・ジャズ・ピアニスト、
古川奈都子さん。必見です!

(KEN)メールいただきました。BYGスタッフ兼ピアノマン山本 隆太がHPを開設。私も早速拝見しましたが、センス抜群のHP。WORKSをクリックしてみよう!
そして桜の咲くころに、マルディグラにて古川 奈都子さんとのライブは私からも必見!ニューオリンズに想いの強いナイスカップリングライブだー(terryさん風)!
posted by KEN at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本 隆太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

バンバンバザールライブ at J'z Brat

J'Z BRAT.jpg

バンバンバザール J'z Bratライブに行ってきた。

曲名記載。続きを読みたい人のみ中にお入りください。
続きを読む
posted by KEN at 10:00| Comment(5) | TrackBack(0) | バンバンバザール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

最近

image/ken-byg1999-2006-02-17T09:22:10-1.jpgぼやき風に。

最近、一日中外勤の日が続いてます。
今日も朝から川越。来週は神戸へ出張。
朝から晩まで車に乗る日々。家に帰るとバタンキュー。でもよ〜く考えると充実しているぞ!
そんな疲れをとりに今日はアフター5にバンバンバザール。

昨日ブログ書こうと思ったら一日中メンテナンス中。一体何をメンテしていたのか?
最近のイチオシ→kengoの「木漏れ日の午後」。聴きながら仕事スタートです。
ただ今カフェにてコーヒータイム中でした。

posted by KEN at 09:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。